世界の軍事費

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は4月24日、2016年の世界の軍事費は、前年比0・4%増の1兆6860億ドル(約185兆円)だった、とする報告書を発表しました。アジア・オセアニア地域の増加率が対前年比4・6%と最も高く、報告書は南シナ海の領有権問題など多くの緊張状態が背景にあると指摘しています。国別トップは米国で世界の軍事費全体の36%で2位は中国の13%です。米中で全体の約半分を占めています。ちなみに、日本は8位で2・8%です。ロシアと国境を接するラトビアやリトアニアでは、軍事費が大幅に増えました。一方では石油輸出国では減少が目立ち、サウジアラビアは前年比30%減だった。軍事費は、ある
国の経済が、少し良くなってくると軍事費に回しています。すると近隣国もバランスが崩れてくるので軍事費を上げようと努力します。もう少し人類は頭を使え、と思います。太古の昔から進化していませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする