仏テロ、大統領選挙

日本時間21日午前4時頃、仏パリのシャンゼリゼ通りで警察を狙った銃撃事件が発生して、警察官1人が死亡し2人が負傷しました。
近くにいた女性観光客1人も軽傷を負ってしまいました。仏では23日に大統領選挙の第1回投票が行われる。仏のオランド大統領は21日緊急閣議を開き大統領選挙を狙ったテロ警戒のため5万人の警察官や7000人の軍兵士を投票所に配置する事などを決めました。容疑者の男は現場で射殺されました。イスラム過激派組織イスラム国系のアマク通信はイスラム国の犯行声明を伝えました。ロイター通信によると、パリ郊外の容疑者の自宅を捜索して家族3人を事件に関与した疑いで拘束しました。
ヨーロッパの旅行も危険度はかなり増してきましたが、それでも行く人たちは減らないようです。海外旅行は少し考えないといけませんが、日本国内はまだ安全・安心感は少しはありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする