国内テーマパークの明暗

国内2大テーマパークの16年度の入園者数が4月3日発表されました。
東京ディズニーリゾート(TDR)は2年連続で前年割れでした。
一方ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は3年連続で過去最高を更新しました。
集客で明暗が分かれる中チケットの価格にも影響が出て来ました。
TDRは過去3100万人を越える入園者がありましたが、16年度は3000万人程に落ち込みました。
15年度以降は頭打ちの傾向になって来ました。
新アトラクションの導入や既存施設の更新を進めて来ましたが、1日利用券などの値上げが影響したのかはよく分かりませんが客足が伸び悩んでしまいました。
また記念イベントやショーなど新しい企画を仕掛けましたが、台風や悪天候により悪い影響があったようです。
今後は入園料の据え置きや園内の混雑緩和を考えていかないとなりません。
一方、USJの16年度の入園者数は前年度比約5%ほど増えて1460万人になりました。
新型コースターやハロウィーンの仮装パレードがよい影響があったようです。
USJは8年連続で入園料を値上げしていますが、陰りはまだ見えてきません。
今年も2月に1日券を200円値上げして7600円になりました。高いですね・・・私は驚きです。
今後も2大テーマパークは顧客満足度をあげる企画を仕掛けていかなくてはなりません。頑張って下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする