野球賭博問題

元読売ジャイアンツの投手の高木京介選手が1年間の失格処分が終わりましたので日本プロフェッショナル野球組織(NPB)熊崎勝彦コミッショナー宛ての復帰申請書を巨人軍に提出しました。
巨人軍は1両日中に復帰を認める事を要望する意見書を添えてコミッショナーに提出するようです。
復帰が認められれば巨人軍は高木投手と育成契約を結ぶ方針らしいです。
NPBの規定では有期の失格選手は期間満了の翌日に復帰申請ができるようです。また規定では失格選手は処分当時の球団に復帰しなければなりません。巨人軍によると高木元投手は野球賭博をした事については改めて謝罪したうえで反省をしていますと言っていました。
失格処分後はこの先どうなるのか分からなかったが、高校や大学の恩師などの人達に励まされとりあえず練習を再開するように促されました。
巨人軍は高木元投手が深く反省している事に加え復帰が認められれば他の選手に体験を語る事で再発防止にも貢献できるので復帰を要望する意見書を出す方針のようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする