日本の防衛

稲田防衛大臣の身辺があわただしくなって来ました。自衛隊の幹部とのコンタクトも問題があります。本来なら防衛大臣は自衛隊の大幹部ですがいまいち、大幹部の扱いがなっていません。これは大変な問題になりますよ。自衛隊の最高幹部は安部首相ですが、実際は防衛大臣が総ての実権を握っていないといけませんが、自衛隊の幹部達があまり協力的になっているとは思えませんね。
また稲田防衛大臣も森友学園の問題などに巻き込まれてピンチになっています。安倍首相も必死になって擁護はしていますが・・・首相自身も森友学園問題に巻き込まれて同じようなピンチに立たされています。
そろそろ防衛大臣をかえる時期かな?と思いますが、ここで大臣をかえると総理大臣の任命責任を追求されますので、なかなか難しい判断をしないといけません。
同時に自衛隊の幹部の粛清もしないとなりません。今回の稲田防衛大臣の大きなピンチは自衛隊幹部の思惑があったように思います。自衛隊幹部は政治的な判断をしてはならないと思います。
自衛隊員は上官の命令を確実に聞く。また政治に関与しない事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする