南スーダン問題

南スーダン問題ですが陸上自衛隊の日報に虚偽の日報があり稲田防衛大臣がピンチにたたされています。
そもそも日報が有るとか無いとか防衛省も女性大臣だから甘くみていたようにも思いますが・・・また稲田防衛大臣は森友学園の事でもピンチに立たされいますが
ここで大臣を辞めると安倍総理にも多大な迷惑をかける事になりまのでしっかりと対応していかないと野党の餌食になる事になります。
稲田防衛大臣ももう少し重みのある回答をしなければなりませんが少し情けないと思います。
野党は何とか稲田防衛大臣を引きずり下ろそうと必死になっていますが、他に審議する事はないのかな、と思いますが・・・
最近、政府筋からはいずれ近い将来に南スーダンからの撤退する事が閣議で決まりました。南スーダンからの撤退は米国や同盟国からはかなりの批判が予想されますが。まあ、軍隊を持たない国にとしてはやむを得ないのかな?と思います。
まだまだ世界は混沌としていますのでしっかりとした対応をしないとなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする