競走馬

サラブレッドの血統を調べるとなかなか楽しいですね。タケシバオーは能力が高くて芝もよく走りましたが本来はダートコースが得意だったと思います。
アカネテンリューはここ一番に活躍する目立つタイプでした。ハイセイコーは国民的なヒーローになりましたね。
種牡馬になって初年度にダービー馬を輩出しました。中央競馬で活躍した馬でしたね。ハイセイコーは地方競馬出身でした。私が特に好きだったヤシマナショナルは中央競馬から地方競馬にトレードされてきました。大井競馬場のパドックでよく見ていましたが、格好の良い名馬でした。この馬の最後は可哀想な事になり、誠に残念でした。
4頭の共通点は父親がチャイナロックという所です。世代は違いますが、個性は似ていましたね。レース前のやる気が全面にでるタイプでした。
最近のサラブレッドの売買価格の高騰は凄い事になっています。1億2億と天井知らずですね。最近で言うとディープインパクトの血筋は高額ですね。たまに出てくるあまり血筋の良くなくて、しかしレース結果は抜群な名馬がいますがなかなか子だしが良くありませんね。
オグリキャップが代表格ですかね? ブリーダーはなるべく早く種牡馬にあげたくなります。レースの賞金より種牡馬で稼ぐほうが経済的には大きいからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする