セルフレジ、自動化

いよいよレジも自動化になってきています。
電車やバスあるいはタクシートラックも自動運転になっていきますね。
我々は自動化になって本当に幸せになっていくのだろうか?少し疑問に思うのはは私だけですか?やはりスーパーやコンビニでニコやかにありがとうございました!と言われたら少しは嬉しいですよね。
自動化になって利益の上がる経営者にとっては嬉しい事ですが、我々一般人にとっては非常に厳しい事になるように思います。
おそらく機械的にはありがとうございましたと言ってもらえるとは思いますが、本当の真心は伝わらないと思います。

これからの未来は自動化が進んで人がいない事が当たり前の世界になって行くのかな?と少し残念に思いますが・・・。

戦後75年、人類は進化して来たのかはいささか疑問符が着きますね。

便利になる事が本当の幸せなのか良く考えて行きましよう。

レジなどで働いている人はお母さんや若い人達がアルバイト感覚で少しは気楽に働ける職場としては定着しているところなのかな、と思います。
資本主義世界では利益がある事が大事な事らしいのです。
しかし世の中は総ての人が幸せになる権利があるはずです・・・が少数の人達が利益を独り占めしている状態になっているようですね。
これではなかなか良い世界にはならないです。

さて、それでは明日の朝が楽しみに出来る境涯になるようにするにはどうしたら良くなりますか?

?マークを付けましたが私が明確な答えがある訳ではありませんが1つ言える事は科学技術の進歩は我々の幸せに繋がっているのかどうかしっかり考えて進化して行ってくれれば良いかなと強く思います。
我々も余り便利を求め過ぎると余り良くないのかなと思いますが・・・だけどお掃除ロボットとかは良いのですか?
普段の生活の中でも贅沢をし過ぎると幸せの感じ方は厳しくなるのかなと思います。
私の子供の頃は貧乏人の家庭で育ったので食事の楽しみにはカレーの中に少しの肉を見つけた時は凄い喜びを感じました。
時代も変わって我が家の息子の卵かけご飯を見て驚きました。私の子供の頃は1つの卵に醤油タップリにご飯を3杯は食べましたが、今の子供は醤油は少しだけ入れ、卵の中に少しのご飯を入れて、ご飯が卵の中で浮いている状態でした。まあ塩分控えめで良い事ですが・・・。普段から質素に暮らしていてたまに贅沢をすれば喜びを感じられるのかなと思います。

幸せは我々のすぐ傍にあると思います。頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする